stock books & coffee - アートブック・インディペンデントマガジン・ZINE・リトルプレス・写真集・洋雑誌・洋書を中心とした書店・本屋・雑貨・グロサリー stock のオンラインショップ

|news
Exhibition & Event    


|about stock
shop


|online shop
June Taylor
BIG SPOON ROASTERS
MUSTARD AND CO.
Far Leaves Tea
たかはしよしこのエジプト塩
Nomadic Salt
atelier cafe bar 誠平
FRUCTUS
AKIHIRO WOODWORKS
Echo Park Pottery
book
art book
・ケダマ / Sally Scott
・紋黄蝶 / minä perhonen
photobook
・1_WALL
magazine
・apartamento
・here and there
・PURPLE FASHION
・Lula
・Rika
・Union
・Palm 
・MilK
・KINFOLK
・Baby Baby Baby
・IMA
・TOO MUCH Magazine
・MAGAZINE B
zine / little press
・murren
・Bon Appetit
・Rocket Magazine
・PERMANENT
・Bolt
・KAZAK
・commune
小冊子「ふきながし」
music
zakka
・WEST COAST BOOKSTORE, FARMER'S MARKET, GROCERY GOODS
Post Cards
ticket
Gift Box / Wrapping


|shopping cart
カートの中を見る


|search


|会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ
新規会員登録はこちら


|mail magazine
メルマガ登録・解除はこちら



対応マーク






RSS    ATOM











TOP > book


庭園美術館へようこそ




庭園美術館へようこそ -旧朝香宮邸をめぐる6つの物語-


2014年11月、リニューアル・オープンした東京都庭園美術館。本書はリニューアル記念として刊行される美術館読本。旧朝香宮邸を巡る6つの物語は、新しい未来への物語の序章に……。

1933年。東京・白金に、ある家族のための洋館が誕生しました――。
朝香宮鳩彦王・允子夫妻がフランスから取り寄せたのは、アール・デコの粋。
それから80年以上の時を超え、生まれ変わった庭園美術館は新しい物語を紡ぎます。
作家、漫画家、音楽家の6名による、旧朝香宮邸をめぐるアンソロジー。

朝吹真理子「変わらないもの」
福田里香「母と娘の、たてもの と たべもの」
小林エリカ「はじまり」
ほしよりこ「デジュネのまえに」
mamoru「そして、すべては残響する」
阿部海太郎「ピアノのための小組曲《三つの装飾》」

■ 著者 ■

朝吹真理子
1984年、東京都生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科国文学専攻前期博士課程修了。大学院在学中、文芸誌『新潮』編集長に勧められて小説を書き始める。2009年、処女作の「流跡」を『新潮』に発表し、小説家デビュー。同作で10年、第20回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を史上最年少で受賞する。11年、3作目となる「きことわ」で第144回芥川賞を受賞。

福田里香
お菓子研究家。福岡県出身。武蔵野美術大学卒。レシピ本は『フードを包む』(柴田書店)、『フレーバーウォーター』『自分でつくるグラノーラ』(文化出版局)など多数。まんがのイメージをお菓子にしたレシピ&コラムに『まんがキッチン』(アスペクト/文春文庫)、『まんがキッチンおかわり』(太田出版)、対談集『大島弓子にあこがれて~お茶を飲んで、散歩をして、修羅場をこえて、猫とくらす』(共著/ブックマン)がある。

小林エリカ
1978年東京生まれ。作家・マンガ家。2014年「マダム・キュリーと朝食を」(集英社)で第27回三島由紀夫賞候補、第151回芥川龍之介賞候補。著書は"放射能"の歴史を辿るコミック『光の子ども1」(リトルモア)、作品集に『忘れられないの』(青土社)。 ノンフィクションに『親愛なるキティーたちへ』(リトルモア)など。クリエイティブ・ガールズ・ユニット〈kvina〉としても活動。

ほしよりこ
1974年生まれ。関西在住。漫画家。2003年より、インターネット上で連載された『きょうの猫村さん』が大きな話題となり、2005年、マガジンハウスから単行本『きょうの猫村さん1』として発売。現在まで6巻がリリースされている。『きょうの猫村さん』は、「猫村.jp」にて連載中。そのほかの著書に、『山とそば』、『僕とポーク』、『カーサの猫村さん』、最新刊に『逢沢りく』など。愛媛県宇和島のアートプロジェクト「AT ART UWAJIMA2013」にも参加。旅館を舞台にした小説を発表している。

mamoru
1977年大阪生まれ。ハーグ在住。「聴くこと」から知りうる世界をテーマに「THE WAY I HEAR」と題し、様々なロケーションで過去─現在─未来/架空の「音風景」を実際のリスニングや、インタビュー、資料リサーチによってテキストに書き起こし、レクチャーパフォーマンス、テキストスコア、展示などの形で発表。近作に十和田湖と遊覧船を舞台にした『湖とその遊覧船のためのコンポジション』、明治初期に来日したアメリカ人鉱山技師B.S.ライマンの北海道地質調査を取り上げた『独想曲 19 June, 1872』などがある。

阿部海太郎
1978年生まれ。東京藝術大学と同大学院、パリ第八大学第三課程にて音楽学を専攻し、その頃から実験映画や舞台に作曲で参加。近年は、舞台、映画、ドラマなどの音楽制作のほか、アーティストやアートディレクターなど他ジャンルのクリエイターの作品制作に音楽で携わることも多数。主なアルバムに『パリ・フィーユ・デュ・カルヴェール通り6番地』(2007)、『SOUNDTRACK FOR D-BROS』(2008)、『シネマシュカ、ちかちかシネマシュカ』(2012)、『The Gardens -Chamber music forClematis-no-Oka』(2013)。

高橋マナミ
写真家。写真家。1978年東京生まれ。上智大学文学部哲学科卒業。4年間の会社員生活を経て、東京ビジュアルアーツ写真学科卒業。ホンマタカシ氏に3年間師事し、2011年よりフリーランスとして活動開始。2011年、第34回キヤノン写真新世紀佳作受賞。

著者:朝吹真理子 / 福田里香 / 小林エリカ / ほしよりこ / mamoru / 阿部海太郎
写真:高橋マナミ
デザイン:smbetsmb


発行:2014年11月 河出書房新社
サイズ:四六判 122ページ 丸背仮フランス装アンカット


※ この商品は、1冊までDM便での配送が可能です。

販売価格 1,800円(税込1,944円)
在庫数 在庫 0 冊 売切れ中






この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける


|この商品を買った人はこんな商品も買っています

高橋マナミ「TRILL」





|最近チェックした商品



ホーム - マイアカウント - お問合せ - プライバシーポリシー - お支払い方法について - 配送方法・送料について - 特定商取引法に基づく表記