stock books & coffee - アートブック・インディペンデントマガジン・ZINE・リトルプレス・写真集・洋雑誌・洋書を中心とした書店・本屋・雑貨・グロサリー stock のオンラインショップ

|news
Exhibition & Event    


|about stock
shop


|online shop
June Taylor
BIG SPOON ROASTERS
MUSTARD AND CO.
Far Leaves Tea
たかはしよしこのエジプト塩
Nomadic Salt
atelier cafe bar 誠平
FRUCTUS
AKIHIRO WOODWORKS
Echo Park Pottery
book
art book
・ケダマ / Sally Scott
・紋黄蝶 / minä perhonen
photobook
・1_WALL
magazine
・apartamento
・here and there
・PURPLE FASHION
・Lula
・Rika
・Union
・Palm 
・MilK
・KINFOLK
・Baby Baby Baby
・IMA
・TOO MUCH Magazine
・MAGAZINE B
zine / little press
・murren
・Bon Appetit
・Rocket Magazine
・PERMANENT
・Bolt
・KAZAK
・commune
小冊子「ふきながし」
music
zakka
・WEST COAST BOOKSTORE, FARMER'S MARKET, GROCERY GOODS
Post Cards
ticket
Gift Box / Wrapping


|shopping cart
カートの中を見る


|search


|会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ
新規会員登録はこちら


|mail magazine
メルマガ登録・解除はこちら



対応マーク






RSS    ATOM











TOP > ・KAZAK


KAZAK #7






KAZAK #7 OUR GENERATION / アワ・ゼネレーション

発行人 agiiiiiii による、毎号テーマを変えて作られるZINE。パーソナルなZINEの魅力が満載です!

今回のテーマは「フェミニズム」。
気になるひとがみんな言っているフェミニストって?タブーだった昔とは違ってきているの?
クリエイティブな女性たちが支持する、わたしたちの世代のフェミニズムについて考えます。


* ご希望の方に free の ZINE KAZAK #1 と KAZAK #2 を同封いたします。(画像下)
  ご注文の際、コメント欄に希望の号をご記入ください。
 (各1部までとさせていただきます。在庫切れの際はご容赦ください)


(以下、agiiiiiiiさんコメントより)
すっかり1年に1冊のペースになっていますが、7冊目のKAZAK「OUR GENERATION/アワ・ゼネレーション」ができあがりました!
  今回のテーマはフェミニズムってなに? です。そもそも興味をもったきっかけは、去年ポートランドやサンフランシスコを旅した際にミランダ・ジュライやライオットガールについて調べていたら、彼女たちとフェミニズムが大阪とたこ焼きのように切っても切れない関係だと知ったこと。ミランダ・ジュライはクール! ライオットガールはクール! でも、バックグラウンドをよく知らないまま彼女たちをクールだともちあげるのは、残念だけれどわたしが彼女たちのすごくファッション的な部分しか見れてないってことなのです。ところがくわしく知りたいと思ったものの、とてもむずかしそうだと感じ、足を踏み入れることをなんとなくためらっている自分もいました。

そんな中、タヴィちゃんことタヴィ・ジェヴィンソンや日本でも放送のはじまる『GIRLS』のレナ・ダナムがみずからをフェミニストだと語り、メディアでヒューモラスにアピールしていることを知りました。さらには『Lula』のリース・クラークがあたらしくつくった雑誌『VIOLET』に「フェミニストになるには」という記事が。んん? これは絶対に今、なにかが起ころうとしている。タブーな話題をもちこんで地雷をふむかもしれないという恐れよりも、もはや好奇心のほうが勝ちました。今いちばん文化的な影響力をもつ、かわいくてクリエイティブで頭のよい女の子たちが支持するフェミニズムとはいったいなんなんだろう? わたしたちの敬遠してきた、よくわからないめんどくさそうなものとは、もしかしてちがってきている……?

それについて考えるには今がすごくよいタイミングだという気がしています。わたしたちの世代(=アワ・ゼネレーション)のフェミニズムについて考えるには、そして、もしあなたにとってもこのジンがそういうきっかけになったらすてきだと。男性嫌いとかそういうんじゃなくって「フェミニズムはエキサイティングなことよ!」 とジュライも言ってました。なんでもジュライの受け売りですみません。

<もくじ>
P. 3 はじめに
P. 5 ライオットガールのうまれた背景
P. 7 女の子はこうすべきとかいうルールはぶっつぶーす! ビキニキル
P. 9 『ザ・パンク・シンガー』
P. 11 フェミニストアーティスツ・オブ・アワ・ゼネレーション
P. 13 ミランダ・ジュライとポートランド
P. 17 ツー・ポップ・アイコンズ2014 ①
   タヴィ・ジェヴィンソン「フェミニズムにルールはない」
P. 21 フェミニズム・イン・マガジーンズ
P. 23 ツー・ポップ・アイコンズ2014 ②
   レナ・ダナム「レディーってだれが?」
P. 29 レタードトップス芸人
P. 33 あとがき


発行:agiiiiiii 2014年 9月
サイズ:A6


※ この商品は、2冊までメール便での配送が可能です。

販売価格 556円(税込600円)
在庫数 在庫 0 冊 売切れ中






この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける




|最近チェックした商品



ホーム - マイアカウント - お問合せ - プライバシーポリシー - お支払い方法について - 配送方法・送料について - 特定商取引法に基づく表記